ユナイテッド ヌード 2017年秋冬コレクション – ブーツやパンプスで“幾何学的なファー”を表現

ユナイテッド ヌード(UNITED NUDE)の2017-18年秋冬コレクションを紹介。

今シーズンは新型・新素材が豊作。ユナイテッド ヌードらしく本来温かみのあるマテリアルを幾何学的に表現し、モード感たっぷりに仕上げている。

スペーシーで構築的な新型「Icon」

今シーズンから新たに仲間入りする「Icon」は、まるでヒールの枠ぶちだけを抜き取ったような近未来的フォルムだ。ショートブーツでは、温もりを感じられるスエードと、風合い豊かなポニーの素材使いが、個性的なヒールとマッチする。一方、パンプスでは上品なベージュエナメルを採用。ミニマルなシルエットなので、コーディネートにも取り入れやすい。

スポーツラインから2種がシリーズ化

人気のスポーツラインから、「Miku」が秋冬シーズンで初のシリーズデビュー。レースアップを施したマスキュリンなアッパーに、フラットなスポーツソールをあわせた1足で提案する。また、同じくスポーツラインの「Rico Teddy」もシリーズとしてスタート。ファー素材をまとったラグジュアリーな装いで登場する。

「Eamz」からファーブーティ新登場

「Eamz」シリーズは、椅子の脚部からインスパイアされたヒールが魅力。毎シーズンあらゆるデザインで展開されているが、今回は、秋冬ならではのファー素材の組み合わせによるブーティが誕生した。温かみのあるファー素材を、あえてインダストリアルな雰囲気のある寒色で表現することで幾何学的に表現している。

構築的デザインの「Zink」はミニマルに仕上げて

「Zink」シリーズのヒールは、洗練された構築的なシルエット。今シーズンはその特徴的なヒールで、パンプスとショートブーツが登場する。なめらかなスエードによる無駄を削いだシンプルなアッパーは、斬新なヒールの存在感をさりげなく主張させる。

from https://www.fashion-press.net/news/32829

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です