ディオールのパンプス「J’ADIOR」登場 – ロゴ刺繍のリボンストラップ&曲線を描くヒール

ディオール(Dior)の、リボンが印象的なパンプス「ジャディオール(J’ADIOR)」。アーティスティック・ディレクター、マリア・グラツィア・キウリのデビューコレクションである2017年春夏シーズンに登場して以来、ベストセラーになっている。

「J’ADIOR」は、パテントレザーやベルベット、ラムスキンやラインストーン付きのモデルなど、シーズン毎に様々な素材で作られており、ヒールも、10cmのものからフラットソールまで様々だ。「J’ADIOR」のロゴが刺繍されたリボンはストラップになっており、ヒール部分は反るような曲線を描く。このディテールが光る美しいシューズを生み出すのは、繊細な手作業だ。


Photo Credit: Sophie Carre

エンブロイダリーのロゴを配したリボンが仕上がるまでに75,000以上ものステッチを施し、装飾には3.5時間を費やして仕上げる。丁寧な手作業によってシューズの精巧な美しさが生み出されている。

イタリア・フィレンツェにあるエンブロイダリーの工房からディオールのアトリエまで、「J’ADIOR」が生まれる背景を収めた動画も公開されている。


Photo Credit: Sophie Carre

from https://www.fashion-press.net/news/33439

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です