フォート18年春夏の新作 – 球体の木をあしらったサンダル、底部分が曲げ木のバッグなど

フォート(_Fot)の2018年春夏コレクションを紹介する。

フォートは、木をメインモチーフとして、シューズ、バッグ、アクセサリーを展開するブランド。木工職人が制作するなど、日本生産のものづくりにこだわっている。4シーズン目となる18年春夏コレクションでは、ブランドのアイコンである“木”を、まる・しかく・さんかくなどの幾何学的な形にこだわってカッティングしたアイテムが揃う。

ボール型の“木”をあしらったトングサンダル

wood ball 各39,000円
wood ball 各39,000円

シューズには、トング部分にボール型の木を取り付けたユニークなサンダルが登場。ソールやベルトがシンプルなので、足を通すとボール型の木がまるで浮かんでいるよう。ミニマルでモダンな印象の一足だ。

バレエ風のレースアップシューズ

hole ballet 各37,000円
hole ballet 各37,000円

また、バレエシューズ風の新作レースアップシューズもお目見え。足の甲の部分に穴があいたデザインが特徴だ。ソフトな履き心地に仕上がってる。

曲げ木のテクニックを応用したショルダーバッグ

plywood bag circle shoulder 55,000円
plywood bag circle shoulder 55,000円

バッグには、サークル型のバッグの底部分に、曲げ木のテクニックを用いたウッドパーツを取り付けたショルダーバッグや、春夏らしいキャンバス素材にレザーハンドルを組み合わせたバケットバッグなどが登場する。

木製の幾何学カッティングリング

wood bloc ring cutting 18,000円
wood bloc ring cutting 18,000円

ウッドのアクセサリーラインには、幾何学的なカッティングが特徴のリングが新たに加わる。ダークブラウンやブラウン、ベージュなど、種類の異なる木を使用したリングがラインナップする。

from https://www.fashion-press.net/news/38058

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です