フェンディ新作シューズ「コリブリ」熱帯のカラフルな小鳥をイメージしたパンプスやサンダル

フェンディ(FENDI)の2018年春夏コレクションから新作シューズ「コリブリ(COLIBRI)」が登場。



シーズンテーマである”トロピカル・フューチャリズム”に着想を得て、熱帯のカラフルな小鳥の名を冠した新作シューズ「コリブリ」。軽やかな仕上がり、色鮮やかなマルチカラー、そしてポインテッド・トゥが、空を飛ぶ小鳥を彷彿とさせる。


105,840円(税込)

柄のバリエーションはメッシュ地にタータンチェックやフラワーをプリントしたものに加え、エフエフ(FF)ロゴを配したものなど豊富に用意。フォルムもソックス付きのニーハイブーツやスリングバックシューズ、フラットタイプと幅広いラインナップを取り揃えた。



最新テクノロジーとフェンディが誇るクラフツマンシップが融合している点にも注目。リボンには通常スニーカーなどに使用されるサーモヒートと呼ばれる最新技術を駆使しており、シームレスなデザインやシューズの全体の軽量化を実現。ナチュラルな印象のヒールはラタンを1本ずつ手でカットし、ひねり束ね、巻き付けるという熟練職人の手作業によって仕上げている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/38771

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です