アディダス オリジナルスから90年代アーカイブ「EQT CUSHION 95」に着想を得た新スニーカー「P.O.D.System」誕生

アディダス オリジナルス(adidas Originals)から、足の自由な動きと快適性に特化した新作のスニーカー「ピー・オー・ディー・システム(P.O.D.System)」が誕生。6月16日に世界一斉発売される。


「P.O.D.System」は、90年代中期に初めてランニングシューズに搭載された、アディダス独自のクッショニングシステム「POINT OF DEFLECTION SYSTEM」をベースに、再構築を行った新シルエットのスニーカー。

アディダスのアーカイブシューズ「EQT CUSHION 95」に用いられたソールシステム「Podular ソール」のデザインに着想を得て、前足部に高い反発力をもたらす「EVA」、かかとの衝撃吸収と快適な履き心地を両立させる「BOOST フォーム」、足のそれぞれのエリアに必要な異なるニーズを満たす特殊構造「POINT OF DEFLECTION BRIDGE」と3つのパーツで構成したミッドソールにより、足の自由な動きと快適性を実現させた。


カラーはブラックを基調とし、ソール中央のパーツに部分的に用いられたネオンイエロー、シュータンからアッパーにかけて施されたブルーのラインがポイントとなっている。価格は1万5,000円。

転載サイト:https://www.fashion-headline.com/article/19791

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です