Red Wing(レッド・ウィング)スーパーコピーショップ限定のチャッカタイプを発売

これまでも「Red Wing(レッド・ウィング)」の別注アイテムを、数多く手がけてきたナイジェル・ケーボン。今回は、春のスタイリングに活躍するチャッカタイプ「Work Chukka」を、素材とカラーのバリエーションで4スタイル発表した。今回発売される「Work Chukka」は、素材、カラーのバリエーションで4スタイルの展開となる。使用される革は、機能性や風合いがそれぞれ異なるので、特性を理解したうえでセレクトしていただきたい。

No.3137と3138に採用されたのは、「ROUGH&TOUGH / ラフ&タフ」。このレザーは、2006年から日本で展開されているNo.1907、9111にも使われているものだ。独自のタンブル(シボ出し)加工により、長年使い込まれたような風合いをもつ。

No.3149は、「Mohave Leather / モハヴェレザー」だ。牛革のなかでもとくに上質な部分である牛の背中から身体側の部分が原料で、なめしの段階で特別なプロセスを経て、およそ13時間にも及ぶ加工により防水性をもたせた革を使用する。水分の吸収を極限まで抑えているため、靴の内部への水の浸透を防ぐだけでなく、表面が濡れることがないので、雨の日のようなシチュエーションで長時間使用しても靴が重くならない。いっぽうで通気性は高く確保されており、靴内部の熱をうまく逃がしてくれる。

Red Wing(レッド・ウィング)スーパーコピーショップは、レッド・ウィングの定番素材のひとつ「アビレーン」と同様に、耐久性の高いラフアウト・レザーだ。アビレーンとのちがいは、再なめし工程でオイルを浸み込ませている点。このオイルにより起毛面はやわらかく、しっとりとした質感となる。No.3145には、「バートンオレンジ」と名づけられた濃いオレンジ色のミュールスキナーがセレクトされている。

FROM:http://openers.jp/article/22640

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です